ずっと自分の歯で生活していくための歯科治療

ずっと自分の歯で生活していくための歯科治療

"カラダの健康はまずお口の中を健康にしなさい"とお医者さんも言うように、歯を治療して、歯周病や虫歯等の原因の細菌が無くなりキレイな状態になれば、カラダも健康になるという事を最近良く耳にするようになりました。なぜなら食べ物、飲み物他にばい菌までもがお口から体の中に入ってくるからです。

人間、40歳を過ぎたあたりから徐々に免疫が低下してまいります。なので、よく患者さんが言うのは"若い頃歯は丈夫だったのに、最近はだんだん悪くなってきたみたい"ということです。原因はもちろん免疫の低下や、生活習慣病等が挙げられますので、今までの習慣を変える必要があるかも知れません。また、他の主たる原因として、一度治した歯がまた痛み出す事も考えられます。

"再治療"を繰り返す事によって歯は弱り、最終的に抜歯になってしまいます。抜歯の数が多くなってくると、もちろん歯が少なくなってくるので、食事をおいしく食べる事が困難になり、また最近では、"噛む"という行為が出来ないと"認知症"になる確率も高くなると言われています。

"健康寿命"を伸ばすには薬を飲む事ではありません、まず歯を健康的に回復する事です。また、健康的な食事や運動は言うまでもありませんね。

治療の前の設計図づくり

CT写真

歯を健康にするには治療が必要ですが、治療の前には検査、診査、診断があり、これがとても重要なのです。痛くてどうしょうもない時を除いて、従来の治療では虫歯等の問題があった場合、初診ですぐに削ってしまったりまた歯を抜いてしまったりしますが、それではいけません。なぜなら"家"を建てる時に設計図が必要なのと同じで、治療にも設計図が必要になるからです。

これからの治療は、レントゲン、模型、口腔内写真、更にCT写真やMRIも必要になるときがあります。要するに"木を見て森を見ず"の治療を受けていると、知らない間に"歯"が無くなっていたなんて事にもなりかねないのです。

歯の神経の治療、周りの骨の治療

マイクロスコープ

最近まで、"神経を取ってしまった歯は機能が弱くなってしまうからインプラントにした方が良い"と言われていましたが、本当にそうでしょうか?
そんな事はありません。現在の治療ではマイクロスコープ等の精密機器を用いて神経の治療(根管治療)をすれば、インプラント治療と同様な成功率を得られる事が実証されています。生涯、ご自分の歯で咬めるのが一番なのです。

しかし、マイクロスコープを使って治療をしても、30%の確率で炎症の再発が起こるという報告もあります。その時はその炎症組織を手術によって除去するという治療を行い歯を救うこともあります。もちろんその時はマイクロスコープを使用します。

神経の治療(根管治療)

歯はマイクロスコープなどを使ってきちんと治療をしたとしても、歯を支えている周りの骨に問題があったら歯はダメになってしまいます。その場合、歯の周りの骨を回復させる治療が必要になってきます。この治療が歯周病治療です。

自分の歯を守るためのインプラント

インプラントレントゲン写真

2,3本歯が無くても、人間は無意識に咬める場所を探して器用に咬む事が出来るので、すぐには大きな問題は起こりません。しかし、バランスが崩れた状態で長年にわたり咬んでいると、負担がかかっている歯に問題が起きてきます。

このバランスを回復させるには"部分入れ歯治療"では難しく、唯一出来る治療といったらインプラント治療です。様々な食べ物をかみ砕く力を受け止められるのは、今のところインプラントしかありません。(入れ歯でも総入れ歯でしたら可能です。)

インプラント外観

現在のインプラント治療の考え方は、歯が無いところにインプラント治療を行い、残っているご自分の歯にかかる負担をできるだけ少なくします。そうする事でご自分の歯を保護するという考えに変わってきています。

噛むために重要な顎の"お皿"

根管治療で歯を治し、歯の周りの骨に問題があれば歯周病治療を行い、歯が無いところにはインプラント治療をする。これで完璧だと思いますか? いやまだ大切な事が残っています。

MRI画像

下の顎は固定されているものではなく、頭蓋骨(頭の骨)から筋肉でぶら下がっている状態です。この下の顎をさまざまな方向に動かす司令塔の役目をしているのが関節円板といわれるものです。人間の関節はすべて関節と関節の間に軟組織のいわゆる"お皿"が入っており、顎にも入っているのです。

この"お皿"の位置がきちんとした位置にあれば、かみ合わせが何のストレスも無くできるわけですが、これがきちんとした位置に無いと、インプラント治療をしようが、歯周病治療をしようがきちんと"咬む"ことができないので、今までしてきた治療が無駄になってしまうことさえあるのです。
この"お皿"いわゆる関節円板の位置を確認できるのがMRIです。なので、顎に違和感がある患者さんにはMRI撮影をしていただいております。

"歯"の治療は痛い時だけではなく、患者さんご自身の将来を見据えた治療が必要、ということを考えていただければ、もっと快適な人生を過ごすことができるのではないでしょうか。
"歯"を守る・残す治療を中心に考えることが一番です!


歯医者さん選びでお困りのことがありましたら、当院までお気軽にお問い合わせください。0120-284-622