気になる銀歯のお悩みを解消しませんか?

虫歯治療による銀歯が目立ってしまうお悩みがありませんか? 審美歯科は、そんな銀歯を白いセラミック製に取り替えるこ治療です。きれいな歯に見えるようただセラミック製の被せ物を被せたり、貼り付けたりするだけではなく名取歯科医院では、噛み合わせや清掃性も十分に配慮したオーダーメイドの審美歯科を提供します。

審美歯科で、気になる銀歯のお悩みを解消して美しく健康な歯にしませんか?

審美歯科治療で大切な2つのこと

バランスを考慮

審美歯科では歯と唇、スマイルラインの関係をあなたの骨格や噛み合わせを理解して治療して、始めて美しい口もととなります。とくに前歯は、「美しさ」が基本です。患者さんの顔立ちと歯のバランスを考慮したオーダメイド治療を行います。

噛み合わせを考慮

せっかくの被せ物がダメになってしまうトラブルは、噛み合わせに問題があることがほとんど。審美歯科は見た目だけではなく、噛み合わせの機能も回復しなければ長い期間綺麗な歯を保てません。透明感のある白し歯をと、お口の環境を整えることがほんとうの審美歯科なのです。

銀歯の危険性

銀歯

従来、虫歯治療で当たり前のように使われてきた銀歯ですが、実は次のようなさまざまな危険性が潜んでいます。

歯と歯ぐきの境に
黒い線が出る
外側がセラミック製の被せ物でも土台に金属を使用していると、経年により歯ぐきが後退し、内側の金属が黒い線のように見えるようになります。
歯ぐきが変色 詰め物・被せ物に金属を使用していると、経年により金属イオンが溶け出し、歯ぐきが変色する傾向があります。
金属アレルギーの心配 長くお口の中に溶け出した金属イオンは、体内に取り込まれアレルギー反応を起こすリスクがあります。

このように、銀歯はお口だけでなく体にも悪影響を及ぼすことがわかってきています。銀歯をセラミックに取り替える審美歯科は見た目だけでなく、健康にも影響する治療です。

セラミックと銀歯の違い

  銀歯 セラミック
見た目 銀歯 セラミック
審美性 保険診療の銀歯は白い歯の中で目立つ 審美歯科の歯は天然歯に近い白さと透明感がある
周囲の歯への影響 金属のため硬く、噛み合う歯を傷める危険性があります 噛み合わせに併せて、硬さの種類を選択します
歯ぐきへの影響 金属イオンが溶け出して、歯ぐきが変色することがある 審美歯科の歯は影響なし
身体への影響 金属イオンが溶け出すことで、金属アレルギーの原因になる可能性がある 審美歯科で純セラミックを使用する治療を行った場合は、アレルギーの心配がない

取り扱い素材紹介

よく、歯の型を取る前に "白い歯にしますか、それとも銀歯にしますか" のようなお話をした経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。それによって治療費も変わりますよね。しかし、色の選択以外にも様々なことが違うのです。

まず、削る機器も様々なものがありますし、型を取る材料も自由診療の場合は非常に精密な材料を使う事によって精度の高い物を作る事が出来ます。精度の高い物がなぜ良いのか。それは歯と被せ物のスキマを出来る限り無くすことによって、歯垢いわゆる汚れを排除することが出来るのです。汚れが付きにくくなれば、虫歯になる可能性が低くなります。

しかし、いくらセラミックできれいな被せ物を入れても、毎日のセルフクリーニングをしなければ意味はありません。特に、前歯をセラミックで治療する事の最大の利点は歯をキレイに見せることはもちろん歯肉もキレイに育ってくるのです。

よく、前歯を保険治療の白い被せ物を入れたら、歯と歯の間にスキマが出来て見栄えが良くないとの訴えがあります。これは、カラダの反応でそうなってしまうのです。どうしてもプラスチックや銀歯の場合は汚れが付きやすく、歯肉の炎症が起きてしまうので結果的に歯肉が退縮してしまいます。

実例を見てみましょう。
この患者さんは、虫歯や歯を失った場所が多かったのですが、セラミックを用いた審美治療やインプラント治療をしてかみ合わせを回復させました。
また前歯を見てみると虫歯が大きく、また、歯によって色も違うためにセラミックで被せる治療を行いました。

セラミックを用いた審美治療やインプラント治療をしてかみ合わせを回復させました。1

セラミックを用いた審美治療やインプラント治療をしてかみ合わせを回復させました。2

審美歯科Q&A

ジルコニア

ジルコニア1

ジルコニア2

人工ダイヤモンドとしても使用されているジルコニアは、見た目の美しさだけではなく、強度にも優れています。噛み合わせる力が強いため、奥歯にも適している素材です。
メリット
  • 自然の歯のような白さや透明感を再現
  • 強度・耐久性に優れ、割れにくい
  • 変色がほとんどなく、白さを維持できる
  • 汚れや雑菌が付きにくいので衛生的
デメリット
  • 天然の歯より硬いため、噛み合う歯を傷める危険性あり
  • 多めに歯を削る必要がある
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★
オールセラミック

オールセラミック1

オールセラミック2

セラミックのみでつくられている素材で、詰め物や被せ物に使用されています。天然歯に近い白さや透明感を再現できます。
メリット
  • 自然の歯のような白さや透明感を再現
  • 着色や変色がしにくい
  • 汚れが着きにくい
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 天然歯より硬いため、噛み合う歯に少々負担がかかる
  • 多めに歯を削る必要がある
  • 少々破損しやすい
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★☆☆
メタルボンド
メタルボンド 金属のフレームにセラミックを焼き付けた素材です。金属の強度とセラミックの美しさがあります。
メリット
  • 自然の歯のような見た目を再現
  • 強度があるので奥歯にも使用が可能
  • 耐久性に優れている
デメリット
  • 金属を使用しているので透明感で劣る
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 比較的費用が高額
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★★
ラミネートベニア
ラミネートベニア 前歯の表面を薄く削り、そこにセラミック製の薄い板を貼り付けます。軽度の歯並びや噛み合わせの治療の際に使用します。
メリット
  • 白い歯を半永久的に維持が可能
  • 前歯の形や軽度の歯並びをきれいにする
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 歯を削らなければならない
  • 前歯のみに適応
  • 強度が劣る
審美性 ★★★★☆ 耐久性 ★★★☆☆

ホワイトニングの種類

Q:銀歯は白くなりますか?

銀歯自体の色を変える事は不可能ですが、銀歯をはずして、セラミックの歯を被せたり詰めたりすることにより違和感のない白い歯になります。

Q:被せ物をしたら虫歯にならないのですか?

歯磨きをしなければ虫歯にも歯周病にもなります。かぶせ物をしたら虫歯にならないと思われている患者様がいらっしゃいますが、磨かなければ虫歯にも歯周病にもなります。それは大きな間違いですので、きちんと歯ブラシしましょう。

Q:セラミック治療で歯並びをきれいにすることができるのですか?

咬み合わせ全体の改善を希望される場合は矯正治療が必要となりますが、歯と歯の隙間が大きい場合や、歯がねじれて生えているようなケースではセラミック治療で歯並びをきれいにすることが出来ます。セラミックの薄いプレートを貼りつけたりクラウンブリッジを被せたりして改善しますので、単に歯並びをきれいにするだけでなく、歯の色や形もご希望に合わせて整えることが出来ることも、セラミック治療のメリットです。

  • PAGE TOP

歯の黄ばみを白くするホワイトニング

「最近歯が黄ばんできた……」と、お悩みをお持ちではありませんか?

「最近歯が黄ばんできた……」と、お悩みをお持ちではありませんか? 歯は、色素の強いカレーなどの食べ物、コーヒーやワインなどの飲み物、また喫煙や加齢により、徐々に着色していきます。残念ながらこういった着色は、毎日のブラッシングでは落とすことができません。

術前

術後

そんなお悩みにはホワイトニングがおすすめです。ホワイトニングとは、体に影響のない薬剤を使用して歯を白くしていく施術のこと。歯を削ることなく、美しく白い歯にすることができます。

ホワイトニングの注意点

オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニング 歯科医院にて、高濃度の薬剤を歯に塗布し、特殊な光を照射して歯を白くするホワイトニングです。
メリット
  • 効果が出るのが早い
  • 安全で手間がかからない
  • 施術前にクリーニングが受けられる
  • 色の調節が可能
デメリット
  • 色の後戻りが早い
  • 歯や歯ぐきに刺激を感じることがある
  • 1回の施術時間が長い
  • 奥歯は白くなりにくい
ホームホワイトニング
ホームホワイトニング 自宅などで、歯科医院であらかじめ作製したマウストレーに低濃度の薬剤を入れ、それを歯に装着して歯を白くするホワイトニングです。
メリット
  • 好きな場所で好きな時間に可能
  • 薬剤の刺激が少ない
  • 色の後戻りが少ない
  • 通院の手間が省ける
  • 奥歯まで白くなる
デメリット
  • 効果が出るまでに時間が必要
  • 色の調節がしにくい
  • 自分でクリーニングをする必要あり
  • 自分で行うため手間がかかる

ホワイトニングQ&A

施術前の注意点
  • 人工物については白くできません
  • 効果には個人差があります
  • 抗生物質により変色した歯には効果が出にくいです
  • 18歳未満の方や妊娠されている方は施術できません
  • 虫歯や歯周病などの病気がある場合は、先にそちらの治療をしていただきます
施術中の注意点
  • 薬剤の使用や管理につきましては歯科医師の指示に従ってください
  • マウストレーの装着中は飲食や喫煙はおやめください
  • 施術期間中は、着色の恐れがあるカレーやワインなどの飲食物を控えてください
  • 施術前には必ずブラッシングをしてください
施術後の注意点
  • 白さを維持するために定期的なメインテナンスを受けてください

ホワイトニングQ&A

Q:1度でどのくらい白くなりますか?

個人差がありますが歯の色を決めるシェードで1段階から2段階のアップが平均的に望めます。

Q:痛みはありますか?

基本的には痛みはありません。ただし、歯に亀裂や破折、知覚過敏などがある場合は痛みが出る可能性があります。人によっては知覚過敏がでる場合がありますが、ほとんどの場合、数分~数時間でおさまります。

Q:ホワイトニング後は、永久に白さを保つことができるのでしょうか?

ホワイトニングの効果は永久ではなく、半年~1年かけて少しずつ歯の色が元の状態に戻っていきます。歯の色の戻り具合は、歯の質、食習慣、しっかり歯みがきをしているかどうか、歯科医院でメンテナンスを行っているかどうかによって左右されます。


歯医者さん選びでお困りのことがありましたら、当院までお気軽にお問い合わせください。0120-284-622