インプラントは入れて終わりではありません

定期的な検診でしっかりメンテナンスしましょう

インプラントは治療終了後のメンテナンスがとても大切です。インプラントは虫歯にはなりませんが、メンテナンスを怠ると歯周病と同じ症状を持つインプラント周囲炎を招く可能性があり、悪化するとせっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまうリスクが高まってしまうのです。

メンテナンスをしっかり行うことで、インプラントを長持ちさせることができます。お口の病気を防止し、インプラントを長く使うために、定期的な検診を受け、しっかりメンテナンスを継続しましょう。

インプラント周囲炎をご存知ですか?

インプラント周囲炎とは、インプラントの歯周病のことです。歯周病菌がインプラントを支える歯ぐきや顎の骨などの歯周組織を破壊し、進行すればインプラントがぐらつき出し、最悪の場合には抜け落ちてしまう可能性もあります。

インプラントのある歯肉

インプラント周囲炎・歯周病初期

インプラント周囲炎・歯周病末期

インプラントを支える大切な歯周組織は、実は天然歯のときよりも細菌に感染しやすく、さらにインプラントでは異常に気付きにくいため、インプラント周囲炎の発症リスクが高くなります。ですから日々のブラッシングはもちろんのこと、歯科医院での定期的なメンテナンスを受けることが重要なのです。

インプラントを長持ちさせるコツ

インプラントは治療後のメンテナンスをしっかり行うことで、長くお使いいただくことが可能になります。

定期検診

定期検診で口内チェックを行いましょう

インプラントは天然歯と違って神経がなく、インプラント周囲炎を発症しても自覚症状がほとんどないため、気付いたときにはかなり進行していることも少なくありません。ですから、インプラント治療後には定期検診を積極的に受けていただき、インプラントの状態をはじめ歯肉、顎の骨の状態、噛み合わせなどのチェックを受けましょう。

ブラッシング

毎日のブラッシングが大切です

毎日の適切なブラッシングは、インプラントはもちろんですがまわりの健康な歯を守るためにも大切です。また、食後は早めに歯を磨き、歯ブラシのほかにデンタルフロスや歯間ブラシを使用することもおすすめです。

PMTC

PMTC施術の様子

毎日のブラッシングだけでは、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間などの汚れは落としきるのが難しく、磨き残しをそのままにすると、プラーク(歯垢)がこびり付いて歯石になり、自分では落とせない状態になってしまいます。

定期検診で専門的な歯のクリーニング「PMTC」を行うことで、徹底的にプラークや汚れを落とすことができ、インプラントを長持ちさせることが可能になるのです。

マイクロメンテナンス(顕微鏡を使ったメンテナンス)

衛生士によるメンテナンスの様子
マイクロメンテナンス映像画面

治療にはマイクロスコープを常時使用しておりますが、衛生士によるメンテナンスでもマイクロスコープを使用しております。
人間の裸眼でのメンテナンスでは見えないところがあり、小さな虫歯等を見逃してしまう可能性があります。

もし小さな虫歯を見逃してしまい次回の6ヶ月後のチェックで痛みや腫れが現れてきてしまった場合、治療の範囲が以前よりも大きくなってしまいます。
当院のコンセプトは出来るだけ治療を小さく、最大の効果をと考えていますのでマイクロメンテナンスでのチェックをお勧めします。

  • PAGE TOP

骨が少ないといわれてもあきらめないでください

インプラント断面図

インプラント治療において、インプラントをしっかり固定させるには骨の厚みがある程度必要になります。しかし、長く歯を失った状態のままにしてしまうと、その部分の骨が痩せてしまい、厚みが足りなくなることもあります。そのようなときに行うのが、骨の再生を促し骨の厚みを確保する「骨造成術」という方法です。

GBR(Guided Bone Regeneration)

GBR・インプラント埋入

GBR・歯ぐきと骨の間に特殊な膜を張る

GBR・骨の再生を促し、インプラントを安定させる

GBRとは、骨の厚みなどが足りないときに多く用いられる治療法のこと。歯ぐきと骨の間に特殊な膜を張り、できた空間に骨が再生するよう促します。膜には吸収性のあるものとないものがあり、吸収性のない膜を使用した場合には、手術後4~6週間で除去が必要です。骨の状態によっては骨の補填材を入れることもあります。

サイナスリフト

歯を失うことで生まれた「サイナス」

上顎洞の底を押し上げるように自分の骨や骨補填材入れ、補強

インプラント土台埋入

注入した骨または骨補填材がなじんだ様子

インプラント完成

上顎の上部にある「サイナス」と呼ばれる上顎空洞は歯を失うことで広がり、インプラント治療に必要とされる骨の厚みが足りなくなることがあります。そこで、上顎洞の底を押し上げるように自分の骨や骨補填材を入れ、骨を補う方法がサイナスリフトです。この方法は、上顎の骨の厚みが5mm未満の場合に用いられることが多く、個人差はありますが骨の造成には6~12ヶ月ほどかかります。

ソケットリフト

上顎の骨に穴をあけてそこから器具を挿入

上顎洞の底を持ち上げる

できたスペースに、人工骨や骨補填材を押し込み骨を補ってインプラント施術を行う

まず上顎の骨に穴をあけてそこから器具を挿入し、上顎洞の底を持ち上げます。それによってできたスペースに、人工骨や骨補填材を押し込むことで骨を補う方法がソケットリフトです。サイナスリフトと同じように上顎洞を上げる方法ですが、比較的傷口が小さく済むため、手術時間を短縮できます。顎の骨の厚みが5mm以上の場合に用います。

メンテナンスに関することや、骨のことに関するお問い合わせはこちらにお寄せください。0120-284-622