知らないうちに歯周病は進みます

歯周病は、「歯周病菌」がプラーク(歯垢)や歯石の中でどんどん増殖して歯ぐきに炎症を起こすことからはじまる病気です。それが慢性化し悪化することで、歯ぐきや顎の骨が徐々に破壊されていき、最悪の場合には歯を失うことにつながります。

歯周病は初期段階での自覚症状がほとんどないため、歯ぐきからの出血や腫れといった症状が確認できたときには、かなり進行していることも珍しくありません。今日、日本の成人の約8割が歯周病になっている、もしくはその予備軍といわれ、日本人が歯を失う第一の原因ともいわれています。

実は歯周病は怖い病気です

歯周病は、さまざまな全身疾患に関係していることが、最近の研究によりわかってきました。妊娠中の方や高齢者はもちろん、一般の方にもいろいろなリスクが確認されています。

心臓疾患 血管を通して歯周病菌が心臓へ達し、動脈硬化や血栓を誘導すると考えられています。これによって血液の流れが悪くなり、狭心症や心筋梗塞などを起こしやすくなります。
糖尿病 糖尿病は、歯周病と密接な関係があるといわれています。歯周病になっていると血糖値のコントロールが難しくなり、糖尿病が悪化することがあり、また、血糖値の上昇によって免疫力が低下すると、歯周病の発症・進行につながります。
誤嚥(ごえん)性 肺炎 誤嚥とは食べ物などが誤って気管や肺に入ってしまうことですが、このとき歯周病菌を一緒に飲み込んでしまうことで、肺炎などを起こすことがあります。これは、飲み込む力が弱まっている、または免疫力が低下している高齢者によく見られます。
関節炎・腎炎 関節炎や糸球体(しきゅうたい)腎炎の原因となる黄色ブドウ球菌や連鎖球菌は、口腔内にたくさん存在しています。それらの細菌や歯周炎によってつくられた炎症物質が、血液中に入り込んで関節炎や腎炎を発症する可能性があります。
骨粗しょう症 骨粗しょう症は、エストロゲンといわれるホルモンの分泌が低下することで起こります。これにより歯や顎の骨が弱くなり、歯周病の重症化につながると考えられています。
低出生体重児・早産 妊婦が歯周病にかかると、低出生体重児や早産の危険性が高まると報告されていますが、これは歯周病菌が血管を通して陣痛に似た筋肉の収縮を起こすためと考えられています。今までタバコやアルコールなどによるリスクが取り上げられてきましたが、歯周病はそれ以上に危険性が高いといわれています。

歯周病の可能性をチェックしましょう

チェック項目 はい いいえ
歯ぐきが腫れて赤くなっている はい いいえ
歯ぐきから出血することがある はい いいえ
歯が長くなったように見える はい いいえ
朝、起きたときにお口の中がネバついている はい いいえ
口臭がきつくなった気がする はい いいえ
歯ぐきがむず痒いことがある はい いいえ
歯ぐきから膿が出ることがある はい いいえ
歯がグラグラしている はい いいえ

チェックが1個もつかなかった方

すばらしいです。このまま予防やメンテナンスで健康な状態を保ちましょう。

詳しい予防方法はこちらをご覧ください

「はい」が1~3個 ⇒ 軽度の歯周病の可能性あり

軽度の歯周病にかかっている可能性があります。できるだけ早く対処して進行を食い止めるため、できるだけ早くご来院ください。

詳しい症状と治療方法はこちらをご覧ください

「はい」が4~7個 ⇒ 中等度の歯周病の可能性あり

中等度の歯周病に進行している可能性があります。これ以上悪化させないためにも、すぐにご来院ください。

詳しい症状と治療方法はこちらをご覧ください

「はい」が全部 ⇒ 重度の歯周病の可能性あり

重度の歯周病に進行している可能性が高いです。このまま放っておくと歯を失うことも考えられますので、すぐにご来院いただき治療を開始しましょう。

詳しい症状と治療方法はこちらをご覧ください

  • PAGE TOP

歯周病の症状と治療法

歯ぐきに炎症が起き、歯と歯ぐきの間が少し深くなっています。この段階では痛みはほとんどありませんが、ブラッシングの際に出血することがあります。
治療法

ブラッシング指導

ブラッシング指導

毎日のブラッシングは歯周病治療の基本です。正しいブラッシングを行っていただくために、患者様一人ひとりに合った方法を指導します。

スケーリング

スケーリング

専門の器具を使用し、歯と歯の間や歯周ポケット内のプラークや歯石を除去します。この処置によって、症状の進行を防ぎます。
中等度(歯周炎)
症状が進行し、炎症が顎の骨に達した状態です。歯ぐきが痩せ、歯周ポケットがさらに深くなって顎の骨が溶けはじめ、歯がグラグラするようになります。
治療法

ルートプレーニング

ルートプレーニング

専門の器具を使用し、歯周ポケットの奥のほうにこびり付いた状態のプラークや歯石、感染した歯質を除去します。
重度(歯周炎)
かなり進行した状態です。歯周ポケットは大分深くなり、顎の骨は半分以上溶けています。この段階になると歯ぐきから膿が出るようになり、強い痛みも生じ口臭が発生、歯もかなりグラグラするようになり、最悪な場合には抜けてしまう恐れがあります。
治療法

フラップ手術

フラップ手術

歯ぐきを切開し、歯根を露出させたうえで歯の根もとにこびり付いたプラークや歯石、感染した歯肉部分を除去します。

GTR法

GTR法

顎の骨が溶けてしまった部分に、人工骨や自家骨を移植することで、骨を再生させます。
» GTR法についてはこちらをご覧ください

エムドゲイン法

エムドゲイン法

顎の骨が溶けてしまった部分に、エムドゲインゲルという薬剤を入れスペースを確保することで、骨の再生を促します。
» エムドゲイン法についてはこちらをご覧ください
  • PAGE TOP

歯周病Q&A

Q:最近よく聞くプラークコントロールとはなんですか?

プラークコントロールとは歯や歯ぐきに付着したプラーク(歯垢)を抑制、除去することをいいます。つまりプラークコントロールとは歯周病予防のもっとも基本なのです。

Q:口臭は歯周病と関係ありますか?

口臭は口の中の原因が大きく関係しているため歯周病の疑いが考えられます。主な原因としてプラーク(歯垢)や歯石挙げられます。日頃からのブラッシングで常にプラーク(歯垢)を除去し口の中を清潔に保ちましょう。

Q:歯周病に遺伝はありますか?

歯周組織の抵抗力や免疫力などは遺伝に大きく関与しているため家族に歯周病の方がいたら自分も歯周病にかかる可能性は高いと思われます。気になる方は一度検診にお越しください。

Q:喫煙をすることで歯周病に影響はありますか?

よくありません。喫煙をすることで、血流が悪くなり歯肉が戻るのが遅くなります。結果として歯周病が治ることを妨げる要因になります。

Q:メンテナンスは何カ月に1回受けるのがいいのでしょう?

3ヶ月に1回が理想です。なぜなら歯周病の元となるバイオフィルム(歯の表面、歯の周囲にあるポケット内に細菌が成熟して形成される膜)が再び形成されるのが3ヶ月と言われているからです。重度の歯周病の場合は再発防止で月に1回必要なこともあります。

骨を再生する再生療法とは?

歯周病などが進行した場合には、歯周病菌の除去などによって症状を改善させることはできますが、その治療では、一度破壊されてしまった顎の骨などの歯周組織そのものを回復させることはできません。

そこで、歯科先進国であるスウェーデンで開発されたのが、一度失われてしまった顎の骨などの歯周組織を再生することが可能になる歯周組織再生療法。現在の日本では、GTR法とエムドゲイン法が認可されています。

再生療法の種類

骨は粘膜(歯肉など)に比べ、再生するのに時間がかかります。そのため、骨が再生する前に粘膜が再生してしまい、骨の再生に必要なスペースを覆ってしまうことで骨が再生できなくなってしまうことがあります。そこで登場したのがGTR法とエムドゲイン法です。

GTR法(Guided Tissue Regeneration)

「メンブレン」という人工の膜を利用して骨が再生するために必要なスペースを確保し、骨の再生を促す治療法です。外科手術によって入れたメンブレンは、骨が再生するまで一定期間置いておく必要があります。再生後には再び手術を行い、メンブレンを取り除きます。

GTRメンブレン

GTR法で使用するために設計されたメンブレンです。安全性や治療効果については、安全性試験や臨床治験が行われ、厚生労働省の認可も得ているため安心です。

安全性
生体適合性が高く、安全な素材でつくられています。ほかにも人工血管、人工硬膜、人工心膜、人工腹膜などに長年用いられ、その使用数は400万例を超えています。
治療効果
世界中の多くの研究者により、GTRメンブレンを使用したGTR法は組織を再生させることが報告されており、歯科専門家にも認められています。ただし、重度化している場合にはこの治療法を行うのが困難なケースもあり、注意が必要です。
エムドゲイン法

歯周組織再生を誘導する「エムドゲインゲル」を使用し、再生を促す治療法です。エムドゲインゲルは、幼若豚の歯胚から抽出された成分によってつくられたものであり、歯が生える際に重要な働きをするタンパク質を主成分としているため安全性は高いです。

エムドゲイン法は以下の手順で行われます。


歯医者さん選びでお困りのことがありましたら、当院までお気軽にお問い合わせください。0120-284-622